あまりにも複雑な料金体系!

今まで使っていたスマホ(iPhone5C)なのですが、3年以上使っているせいかバッテリーの消費が激しくてちょっと使っただけで低消費電力モードになってしまい、いつOS落ちるかヒヤヒヤな状態だったので、買い替えようと思ってお店に行ったのです。いっそどこか別の会社に乗り換えて何か特典かキャッシュバックでももらおうと思い、解約の旨を伝えると違約金が9500円かかると言われたので「はあ〜ん何言ってんだ」と心の中で思ってしまいました。3年以上使用している5Cの2年縛りはとっくに切れているし、このキャリア一筋20年以上使用しているこの俺様がなんで違約金払わなけりゃならねえんだよ、とハラがたって来ます。まあ私が無知なだけなのですが、そのようになっているのだそうです。しかしその違約金を払わなくてよい期間が2ヶ月だけあってその期間は端末の2年縛りは関係なくて誰でも割の料金体系を開始した日から2年たった次の月とその翌月だっていうんですよ。書いていてもこんがらかってくるわ〜。しょうがないのでキャリアはそのままで機種変更だけしてきました。あーまた端末の分割金が月々のっかってくるな〜。こりゃ絶対にMVNOに乗り換えてやるぞ。

あまりにも複雑な料金体系!” に対して1件のコメントがあります。

  1. pikadon より:

    2年縛りチェックしておくのは基本デス。MVNOは安いです。そしてiphoneにくたくたに慣れた身にはandroidはファイル操作が容易に出来る云々ハッカブルでとてもスパイシーで面白いし、3万円台の端末でもiphone6よりレスポンスが良いデス(僕はhuawei)。しかし導入時にトラブルが出て1ヶ月以上、まともに電話が使えず苦労しちゃいました。結論sim交換で解決できたのですが端末メーカーとキャリア(キャリアはドコモなんだけど窓口は楽天)の間で端末とsimの問題との切り分けもしてもらえず、ちなみにhuaweiの銀座サポートはクソでした、全然ノウハウがないしとにかく客を追い返そうとするだけ。。これdellもそうでしたが交換とかしても解決できないとモンスタークレーマー扱いに自動昇格しちゃうみたいで、ひたすら耐え続けられちゃいます。うーむむむ。。問題起きる確率は低いのでしょうが、起きるとあんぐりするほどひどい目に遭うもののようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です