MacPro延命治療

前回の続き
自分のマシンの何が問題かといえばスピードと表示ですかねー。たくさん写真の貼ってあるWebページなんかを表示するのがまあ遅い。ビデオカードの交換は必須ですね。調べると今のマシンはVRAMが1ギガとか当たり前のようです。自分のは256メガ、やはり時間の経過を感じますな。(ハードの勉強ずっとしてなかったんで。)
私がマックを改造する時に頼りにするのがビンテージコンピューターさんです。まず検索、ビデオカードはVRAM1ギガの後期のMac Proの純正品がありました。あとCPUのアップグレードキットなるものもありました。早速注文、海外からなので多少時間はかかりますが10年近くほったらかしていたものなんで気にしません。ついでに調子の悪い工学ドライブを交換しようと思い注文しました。プロセッサは2 x 3.2 GHz Quad-Core Intel Xeon、ビデオカードはATI Radeon HD 5770 1024 MBとなります。5日ほどで届きました(はやっ!)早速組み付けてみました。工学ドライブは交換するのがめんどくさいので増設してツインドライブにしてみました。2、3時間で作業完了。緊張して電源ボタンをオン!ジャーンとちゃんと起動音もしました。システムプロフィール上全て順調に認識しております。やったー成功。使用感ですが明らかに速くなっている、十分に体感できます。あとはもう少しメモリを増設してやれば十分あと1、2年は行けるのではないでしょうか。まあ満足のいく結果です。
さてゆっくり新型MacProの発売を待ちましょうかね。(すぐには買わないけれど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Mac Pro 2008ですが、何か?